東京屋外広告ディスプレイ健康保険組合

東京屋外広告ディスプレイ健康保険組合

文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

医療費が高額になったとき

医療費の自己負担には「限度額」があり、一定の基準に基づいて計算した自己負担額が限度額を超えた場合、超えた額が「高額療養費」として支給されます。

医療費の窓口負担を減らしたいとき

必要書類
対象者 1ヵ月の医療費の窓口負担が自己負担限度額を超える見込みである、70歳未満の被保険者・被扶養者
お問合せ先 健康保険組合
備考 入院・外来のどちらでも利用できます。
70歳以上は高齢受給者証の提示により同様の取り扱いとなります。

高額療養費の申請が必要な方

必要書類
対象者 通常は自動払いのため申請の必要はありませんが、下記の方等は申請が必要となります。
  • 退職(資格を喪失)された方
  • 定年嘱託再雇用、関連事業所への異動等により、当組合内での保険証の記号・番号に変更があった方
  • 任意継続に加入された方
  • 中学生未満の被扶養者(他の医療費助成との調整のため)
  • ケガ等、外傷性のある方
※詳しくは”解説”にありますので、よくお読みください。
お問合せ先 健康保険組合
備考 自動払いは、事業所指定の健保口口座に入金されます。通常、診療月より3ヵ月後の月末に入金されますが、医療機関によっては、それより遅れる場合があります。
申請払いは、自動払いより約半月程度遅れての入金となります。

医療と介護の自己負担が高額になったとき

必要書類
  • 「高額介護合算療養費支給申請書」

【添付書類】
介護保険の自己負担額証明書

提出期限 すみやかに
対象者 同一世帯内で医療と介護ともに自己負担があり、1年間に両制度でかかった自己負担の合計額が、限度額を超えた被保険者
お問合せ先 健康保険組合
備考 1年間:8月1日~翌年7月31日で計算

ページ先頭へ戻る